物語のりんご早食い大会の後半の話などをします

主人公たちは、最初のうちは、のんびりぎみのペースで、周囲の様子を、伺いながらも、後半になるにつれて、だんだんと食べるペースと数量が、ふえていく事で、優勝できるとは、言い切れない状態の中で、そこそこ早い方に、値しているメンバーも、何人かいます。だけど、後半になってくると、お腹いっぱいの状態に、なってくるので、どの選手も、それぞれ少し、きつそうにしています。きついと感じる度合いも、それぞれではあるのですが。終了時間を、むかえる前に、途中で、リタイアすることも、できるのですが、後半にまで、たどりついたのに、リタイアという状態に、なってしまうなら、当然面白い話では、ありません。考え方によっては、それなら、最初から参加しなければ、良いと考えるキャラクターも中には、います。16名いるうちの、何人かは、あきらめの気持ちが、入ってしまったためなのか、全然やる気がなく、ものすごく遅い速度で、少しづつ食べたりなどをしています海宝の力 公式