大衆呼出ボックスに久しぶりに入ってみました

ちゃんと減ってしまいましたね、市民テレフォン。外出中に携行の充電がなくなってしまったので、テレフォンボックスを見つけ出しました。大通りを行けば生じるだろうと軽く考えたのが錯覚で、10分ぐらい歩いてやっと拡大。中に入って驚いたのは、そのきれいさ。テレフォンボックスといえば、如何わしいお職場のチラシや名刺やシールが辺り一面に貼られていたものですが、今はあっさり何もありません。皆さんがいないから、貼っても効果がないということでしょうか。だいたいきれいなほうがいいですけど、まさか寂しいかな。テレフォンボックスで思いだすのは、村上春樹君の「ノルウェイの森」のラストシーン。主役のワタナベノボルはテレフォンボックスから緑君に電話をかけます。そして電話をしながら、「ここは案の定何処です」と思うのです。テレフォンボックスという異余剰が賢く活かされている機会だ。でも「ノルウェイの森」の映像編では、テレフォンボックスではなくて、下宿のテレフォンになっているのです。どう手直ししちゃったのかな。自分としては納得いかないだ。テレフォンボックスでロケ講じるぐらい簡単な態度なのに。アンチエージングサプリ販売店