地震や震源などについて勉強をしていました

地震について学業をしました。地震のゆれは、はやりとして伝わっていきます。こういうはやりを地震はやりといいます。地震はやりが最初に発生したポジションを震源、震源の真上の地表を震央といいます。地球内方に蔓延る地震はやりには、PはやりとSはやりがあります。Pはやりは固体・液体・瓦斯すべての物質中を伝わりますが、Sはやりは固体中しか伝わりません。また、固体中を行き渡る速さはPはやりのほうがSはやりより手早いだ。このため、地震のケース最初に考えるゆれはPはやりでSはやりは幾らか遅れて伝わって来る。はやりの通じる速さは、はやりを触れる物質の状態やタイプによって変わります。岩石のタイプやステップが変わると地震はやりの速さが覆り、はやりの屈折や反射が起こります。したがって、地震はやりの行き渡り方を解析することにより、岩石の密度やかたさなど地球内部の雰囲気を推定することができます。このようなことを覚えましたが、久しぶりに聞いたことがあったので、凄い懐かしかっただ。知らないこともあって知れて良かったです。ミュゼ キャンペーン予約